海水浴と日焼け

海水浴と日焼け

海水浴と日焼け

海水浴したけれど、日焼けはしたくないという人が少なからずいます。
そこで、水着を着た格好でも日焼けを防止したい場合はどんなことを行えばいいのでしょうか。
知っておくべきなのは、UPF値になります。

UPFとは、衣類がどれだけ紫外線を防止できるかを示す指数のことだと理解すると分かりやすいでしょう。
日焼け防止クリームなどでは、クリームを使用した部分に関してが紫外線を阻害することになります。

UPF加工水着を使えば、クリームで紫外線を防ぐのと同じ影響が期待されます。
UPF20やUPF50というように表記されているので、店先で水着をよく見てください。
最近は水着を着ても日焼けしたくないという人が多いので、UPF加工の水着が人気になっています。
けれども、水着は肌の露出が多いことに間違いありません。
たとえUPF値の高い水着を着ていても、肌が外気にさらされている場所は紫外線の影響が避けられません。

それゆえ、UPF加工済みの水着を利用してから、水着から出ている肌には日焼け防止クリームを塗って対応したほうがいいでしょう。
出来るだけ肌を焼かないために、膝くらいまでの生地だったり、首元にフードがついたタイプなども出回っています。
肌を見せる水着は魅力がありますが、肌への危険を少なくするためにはUPF加工の水着を選ぶといいでしょう。

海の家などの建物の中でしっかり休憩をするなど、海辺ではなるべく日陰に入るように気を付けてください。
思わぬ部分をうっかり焼いてしまうことがありますが、その際にはなるべく早くにお手入れをすることが大事です。

通いなれた保育園・幼稚園を卒園して、小学校という新しい世界に飛び込む我が子の表情は、子供ながらにドキドキとワクワクが交じり合った複雑な表情をしていると思います。

そんなお子さんの表情を残すのは「今」しかありません。
少しでも遅れたらもうその表情は見られなくなってしまいます…。

ぜひ、お子さんの成長をお祝いして人生の節目に記念写真を撮るのをおすすめします。

スタジオエアロ:http://studio-aero.jp/

ホーム RSS購読 サイトマップ