日焼けの弊害

日焼けの弊害

日焼けの弊害

何年か前まで、子供は真っ黒に日焼けしながら遊んだ方が健康的だと言われていました。
しかし、現在は赤ちゃんのときからなるべく紫外線を浴びないように注意が必要だと言われるようになりました。

そこで、どうして日焼けを防止すべきなのでしょう。
最大の理由は、健康を阻害するかもしれないということです。
皮膚がんを引き起こす一因になることは多くの人が知っています。
しかし、皮膚がんの原因となる以外に、どんな被害を受けるかを理解していない人もたくさんいます。

紫外線は皮膚がんの他に、白内障の危険性を高めたり、皮膚の免疫力を妨げることがあります。
さらに、美容に関してもいろいろな悪影響が予想されます。
シワやシミの一因にもなりますので、女性は特に日焼けを防止するための対策を心がけたいですね。
昔はたくさんあった日焼けサロンはなくなってきていますが、肌への害を知らない人は今日でもサロンで日焼けする人がいるようです。

サロンで日焼けさせることも、太陽で日焼けするのと同じように肌への悪影響があります。
身体へのダメージは年を重ねてから結果が出ることも多いため、早い段階から対策をしておきましょう。
晴れの日だけでなく、雲が多い日や雨であっても日焼けしないよう予防することが求められます。

当然ながら紫外線が最も多いのは晴れの日です。
晴天時の紫外線の強さを100%として計算してみましょう。
そうなると、例え曇りであっても、50〜80%程の紫外線があるということが言えます。
雨でも日焼けしないわけではないので、夏の季節は日々紫外線を防止できるようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ